人事と労務の管理業務は電子化による改善で業務効率化を図れる

smar!

労務管理や人事関連の業務はシステム導入で簡素化が可能

青いシャツとネクタイ

会社の利益を上げるのに直結する、いわば「本業」に、従業員の勤務時間をなるべく多く割り当てるというのが、効率のいい働き方の基本中の基本です。そのためには、それ以外の業務に割かれる時間を出来るだけカットする必要があります。
例えば、どの会社でも従業員の健康管理のため、何らかの形で勤務状況を上長や人事に報告させる労務管理業務があるでしょう。紙を使って実施している会社も多いですが、これらは人事労務管理システムを導入すれば、遥かに簡単に処理出来るようになります。ペーパーベースで勤怠管理を行う場合、まずは従業員が会社指定の書式を使って、1週間単位などで自分の勤務状況を記録し、それを上長に提出します。上長はその内容を確認して、問題がなければ承認の捺印をしたり、疑義があれば文書差し戻しで訂正や追記を依頼します。従業員は差し戻された記録を再チェックして、訂正・追記等の対応をして再提出、更には、上長か従業員本人が承認済みのものをファイリングして保管します。
人事・労務管理業務を一元管理できるシステムがあれば、このプロセスは全て、各自がパソコンからアクセスしたシステム内で済ませることが出来ます。文書の授受がないので、提出、確認、差し戻しという一連のフローに要する時間を大幅に短縮できるでしょう。

青いシャツとネクタイ

労務管理や人事関連の業務はシステム導入で簡素化が可能

会社の利益を上げるのに直結する、いわば「本業」に、従業員の勤務時間をなるべく多く割り当てるというのが、効率のいい働き方の基本中の基本です。そのためには、それ以外の業務に割かれる時間を出来るだけカットする必要がありま…

»more

スマホをいじる

人事スタッフ増員の前に人事労務管理システムを導入しよう

労務管理や人事にまつわる業務は、従業員の数だけ確実に発生します。少人数で事業を回している小さな会社の場合、この業務は大した負担とは感じられず、経営者が自分で担当していることも珍しくありません。しかし、ある程度の人数…

»more

キャリアウーマン

業務量見直しに人事労務管理システム導入が役に立つ

定時で帰るようにと言われても、仕事の量が多過ぎて定時までに終わらせるのが物理的に無理。そんな言葉が従業員から聞こえてくるようであれば、仕事の進め方について見直しが必要となるでしょう。特に、システム化で効率化が可能な…

»more

ガッツポーズの三人

リソースの使い方を改善するのに最適な人事労務管理システム導入

会社が活用できるリソースには資金の他に、人材、時間、各種消耗品などがあります。会社が順調に成長し続けていくためには、コンスタントにリソース配分を適切に行う必要があり、不適切なリソース使用が見られる場合は、早急な改善…

»more

POST LIST

NEW POST

2019年05月24日
リソースの使い方を改善するのに最適な人事労務管理システム導入を更新。
2019年05月24日
業務量見直しに人事労務管理システム導入が役に立つを更新。
2019年05月24日
人事スタッフ増員の前に人事労務管理システムを導入しようを更新。
2019年05月24日
労務管理や人事関連の業務はシステム導入で簡素化が可能を更新。
TOP